北海道建設業信用保証株式会社 * Welcome!
会社案内 保証等申込手続き web保証申込 Web登録・説明書 お客様サービス 統計情報 おしらせ リンク集
 

事業内容

前払金保証事業

中間前払金保証事業

契約保証事業

契約保証予約事業
(入札ボンド)

前払金・中間前払金保証・契約保証

申込書類

申込方法

保証証書等の受取方法と保証料の納付方法

お渡しする書類

前払金請求から払出しまでの流れと留意事項

保証契約変更の手続き

保証料

保証料振込口座

契約保証予約(入札ボンド)

申込書類

申込方法

保証証書等の受取方法と予約手数料の納付方法

お渡しする書類

予約手数料

予約手数料振込口座

情報管理

前払金保証約款

よくある質問Q&A


よくある質問Q&A


Web保証申込
 
Q1. 「Web保証申込」のメリットは何ですか?
   
A1. インターネットを通じて保証申込み等が簡単、迅速にできます。
さらに、お客様の基本情報や過去の申込データを活用して申込書類の作成を簡単に行うことができます。なお、保証証書等の受取方法は従来と同様です。
   
Q2. 「Web保証申込」では前払金保証しか申込みできませんか?
   
A2. 前払金保証以外にも契約保証、中間前払金保証、契約保証予約、前払金使途変更のお申込みがご利用いただけます。なお、前払金保証における共同企業体分割預託のお申込みについてはお取扱いできません。
   
Q3. 「Web保証申込」の利用を始めるにはどうしたらよいのですか?
   
A3. 事前に登録の手続が必要になります。利用登録のお申込みをして下さい。
   
Q4. 保証申込書等の押印はどうするのですか?
   
A4. 押印は不要です。
お客様が「Web保証申込」を利用しお申込みをされた場合は、お送りしたID、パスワードの一致を確認することにより本人確認を行いますので、申込みの意思表示があったものとみなします。詳しくは「Web保証申込」利用規定をご参照下さい。
   
Q5. ID、パスワードは会社に1つだけでいいのですか?
   
A5.

お客様が「Web保証申込」をご利用される支店・営業所ごとに、それぞれ利用登録が必要となります。

なお、平成22年6月7日より、ご利用される支店・営業所ごとに5つまでIDとパスワードの発行が可能となりました。複数の方が申込みを行う必要がある場合などにご活用ください。ただし、それぞれ利用登録が必要となります。

   
Q6. 請負契約書等は従来どおりFAXしなければならないのですか?
   
A6. 基本的にはFAXとなりますが、スキャナーで読み取り電子化することにより、添付ファイルとして送信することもできます。
また、添付ファイルの容量によっては当社側で受信できないこともありますのでご注意下さい。
   
Q7. サービスの内容はどう変わったのですか?
     
A7.

追加されたサービスは次のとおりです。

  @

現行のExcelツールによる申込作成方式から、ホームページ上での作成方式に変更

  A 過去にお申込みいただいたデータを利用・検索して、簡易に申込書類の作成が可能
  B 債務負担工事の2年目以降や、中間前払金対象工事を画面に表示することにより、簡易に申込書類の作成が可能
  C 契約保証予約の申込ツールを追加
  D 自動学習機能を採用
  E 現在お使いのパスワードが変更可能
     
Q8. サービスの特徴は何ですか?
         
A8.

@インターネットで簡単申込み!

   
   

当社のホームページ内で、公共工事前払金保証・契約保証申込書、前払金使途内訳明細書、前払金使途変更申込書・承諾書、公共工事契約保証予約申込書等を作成し、インターネットを利用して申込みを行うことができます。

      注)

上記以外の必要書類(請負契約書等)についても、申込み時にデータを添付して送信することができます。

申込書等の作成時には、自動学習機能の採用により更に便利にご利用いただけます。

    過去に申込みされたデータを活用し、簡単に申込みすることができます。債務負担工事の2年目以降の前払金保証申込み、中間前払金保証申込みに便利です。
       
  Aインターネットで保証申込処理状況を確認!
   
    「Web保証申込」を利用すると当社の処理状況をインターネットで確認できます。当社窓口で保証証書を受取されるお客様に便利です。
       
  B各種様式を簡単に作成!
   
    保証手続の際に使用する各種様式をダウンロードし、作成することができます。
       
  C保証料計算で簡単に保証料を確認!
   
    保証金額を入力するだけで瞬時に保証料を計算することができます。
         
Q9. 「Web保証申込」はウィルス感染への対策は行っていますか?
   
A9. もちろん行っております。
最新のウィルスパターンファイルを使用し、ウィルスチェックを実施しています。
   
Q10. 「Web保証申込」の利用時間は?
   
A10.

24時間受付しております。
営業時間終了(平日 17:00)以降のお申込みについては、お取り扱いが翌営業日となりますのでご注意下さい。

電話等でのお問い合わせは、平日 9:00〜17:00となっております。

   
Q11. 「Web保証申込」の動作環境は?
   
A11.

以下の組み合わせのとおりです。
Windows 7、8.1、10 Internet Explorer 11(※)

 ※Windows 8.1の場合は、デスクトップ版のみ。

PDFビューア:Adobe Reader XI以降

 

通信回線はADSL以上を推奨します。

   
 

保証手続き・払出手続き
 
Q1. 前払金が、指定した前払金専用口座以外の口座に振り込まれた場合はどうすればよいですか?
   
A1. 前払金を前払金専用口座へ速やかに振替えていただく必要があります。まず当社へご連絡ください。
   
Q2. 前払金専用口座に付いた利息は払出せるのでしょうか?
   
A2. 利息は前払金ではありませんので、いつ払出しても構いません。利息分の払出については、前払預託金払出内訳書の提出は不要です。
   
Q3. 保証申込の際に、支払先が決まっていない場合は、前払金使途内訳明細書を後日提出することは可能ですか?
   
A3. 前払金使途内訳明細書は、後日ご提出いただいても構いません。ただし、前払金が入金になる前にご提出ください。
また、発注者が北海道及び道内市町村等の場合には、保証証書に前払金使途内訳明細書を添付する必要がありますので、確定後に前払金の請求を行っていただくことになります。
申込み当初、前払金使途内訳明細書の前払金の使途を全額「未定」とし、後日「前払金使途変更申込書・承諾書」により支払先を確定しても構いません。
   
Q4. 前払金の支払先が一部しか決まっていませんが、前払金を払い出すことはできますか?
   
A4. 支払先が決まっている部分は、前払預託金払出内訳書に記載のうえ、金融機関窓口に提出すれば払い出すことができます。
なお、申込み時は、前払金使途内訳明細書の決まっていない項目を「未定」と記入のうえ、ご提出ください。「未定」の部分については、内容が決まり次第、当社に「前払金使途変更申込書・承諾書」を提出し、承諾印を受けてから金融機関窓口に提出することで払い出しができます。
   
Q5. 前払金使途内訳明細書の各行に記載した金額は、一回で支払わなければならないですか?
   
A5. 必ずしも一回で払い出す必要はありません。必要に応じて分割して払出すことも可能です。前払預託金払出内訳書には、払い出す分の金額を記載し、金融機関窓口にご提出ください。
   
Q6. 前払金使途内訳明細書が複数枚になる場合、合計金額はどのように記載すべきですか?
   
A6. 最終項に記入してください。
   
Q7. 支払予定月旬について教えてください。
   
A7. 下表のとおりとなっております。
上旬 1日〜10日
中旬 11日〜20日
下旬 21日〜月末
※10日を中旬、20日を下旬と誤解されているケースがあります。ご注意ください。
   
Q8. 支払先へ振込みをする時に、振込手数料を引いてもよいですか?
   
A8. 支払先との間で合意していれば可能です。ただし、共同企業体の前払金について、JV口座から構成員の口座に分割して振り込む場合(分割預託)には、振込手数料を差し引くことが出来ませんのでご注意ください。
   
Q9. 証明書類とはどんなものですか?
   
A9. 証明書類とは、契約書、注文請書、納品書等の本書のコピーをしたもので、当該工事の支払先名、品名、工事名、金額が記載されていることが必要です。
   
Q10. 中間前払金保証を申し込む場合、前払金使途内訳明細書はどのように記入すればよいですか?
   
A10. 費目の内訳を『既済部分の材料費、労務費等』として一括計上し、支払先氏名を『各自払』、払出方法を『現金』とご記入ください。工事工程表の欄は記入不要です。
なお、前払金保証と同様に、特定の支払先を記入することも可能です。

 


(C) 1998 HOKKAIDO CONSTRUCTION SURETY CO.,LTD All rights reserved.